国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » gmt  » GEBCO(大洋水深総図)データを用いた鳥瞰図

GEBCO(大洋水深総図)データを用いた鳥瞰図

 GEBCO(The General Bathymetric Chart of the Oceans)は大洋水深総図と呼ばれ、現在、WEB上で解像度が1分角(1km)30秒角(500)の地形データを入手することができます。以下のスクリプトを利用して日本周辺の陸域と水域の地形を鳥瞰図で図示したのが下図です。スクリプトでは鉛直方向を4倍に強調していますが、日本周辺の海溝や火山島の分布など、地形の様子が良く分かります。
  


set      of=japan_view30sec.ps    
set      gg=grad30.grd           

set      cpo=GMT_globe.cpt 

set    waku=125/150/25/50/-20000/5000    

set     grddata=GEBCO_08.nc            

set      bp=a5f2.5g0.0                   

grdgradient %grddata% -G%gg% -A45 -Ne0.4 


grdview %grddata% -R%waku% -JZ4 -Y5 -JX15c -C%cpo% -I%gg% -E170/40 B5:"Longitude":/5:"Latitude":/10000:"Elevation":SEZ -N-20000/lightgray -Qi300 -V -P -K > %of% 

psscale -D7/-1/10/0.3h -C%cpo% -Ba5000f2500g500 -P -O >> %of%  

japan_birdsview_t.jpg