国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » ツール  » 堤防決壊時における氾濫流がある中での緊急締切工事等の事例紹介

堤防決壊時における氾濫流がある中での緊急締切工事等の事例紹介

 寒地土木研究所が毎月発行している「寒地土木研究所月報」において、以下の技術資料を連載しましたが、これらの技術資料を一つにまとめて寒地河川チームのホームページに掲載しました。
(1)2018年4月号(No.779)
「堤防決壊時における氾濫流がある中での緊急締切工事等の事例紹介(その1)」
(2)2018年5月号(No.780)
 「堤防決壊時における氾濫流がある中での緊急締切工事等の事例紹介(その2)」
(3)2018年6月号(No.781)
 「堤防決壊時における氾濫流がある中での緊急締切工事等の事例紹介(その3)」
 これらの技術資料では、氾濫流がある中での堤防決壊時の緊急締切工事の4事例及び低水路内の主流路切替に伴う締切工事の3事例の合計7事例を紹介するとともに、各事例に関する考察及び全7事例を俯瞰した上での氾濫流がある中での緊急締切工事の留意事項等を記載しています。関係の方々の参考になれば幸いです。

【以下よりダウンロードして頂くことができます。】

堤防決壊時における氾濫流がある中での緊急締切工事等の事例紹介.pdf