国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » 寒地河川NEWS  » ニュース  » 土木学会北海道支部平成29年度年次技術研究発表会で研究員が発表しました!

土木学会北海道支部平成29年度年次技術研究発表会で研究員が発表しました!

ニュース

2018年1月29日

平成30年1月27日の日程で,札幌市において土木学会北海道支部平成29年度年次技術研究発表会が開催されました.
寒地河川チームからは以下の2件の口頭発表を行いました.

・橋梁を考慮した土石流流下時の破堤メカニズムに関する実験的研究
土木研究所寒地土木研究所 ○伊波 友生 藤浪 武史 矢部 浩規

・ADCPを用いた流下河氷の氷厚推定
土木研究所寒地土木研究所 ○横山 洋 前田 俊一 矢部 浩規


そのほか,共著で2件の発表を行いました.

・上流端からの土砂流入量が下流流路の変動特性に与える影響について
北海道大学 ○小川 大和 清水 康行
土木研究所寒地土木研究所 井上 卓也 水垣 滋
(株)北開水工コンサルタント 長谷川 和義

・破堤決壊部へのブロック投入を想定した重機作業のサイクルタイム計測実験
(一財)北海道河川財団 ○山本 太郎 友田 隆啓
土木研究所寒地土木研究所 島田 友典
北海道開発局帯広開発建設部 村椿 俊幸


詳細につきましては,土木学会北海道支部のWEBサイトをご覧下さい.
https://www.jsce.or.jp/branch/hokkaido/_contents/active/h29/180110/index.htm