国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » 寒地河川NEWS  » ニュース  » The 21st IAHR Symposium on Iceにおいて研究員が発表します!

The 21st IAHR Symposium on Iceにおいて研究員が発表します!

ニュース

2012年6月5日

The 21st IAHR Symposium on Ice, 2012が中国大連市で開催されます。
6月11日-15日の日程です。

寒地河川チームからは2編、共著で1編発表します。

タイトル:Field Observation of a River Ice Jam in the Shokotsu River in February 2010
(2010年2月に発生した渚滑川アイスジャムの現地観測)
発表者:吉川泰弘

タイトル:Measuring the river ice floe sizes broken by 2011 Tohoku Pacific-Coast Earthquake Tsunami
(2011年東北地方太平洋沖地震津波により破壊された河氷の寸法計測)
発表者:阿部孝章

タイトル:Tsunami Run-up to the Ice Covered Ohoro River in the 2011 Great East Japan Earthquake
(2011年東日本大地震による結氷した尾幌川への津波遡上)
発表者:高橋麻子(パブリックコンサルタント株式会社、吉川泰弘共著)

詳細はシンポジウムのWEBサイトをご覧下さい。
http://slcoe.dlut.edu.cn/ice/iahr2012.html