国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » 寒地河川NEWS  » ニュース  » 吉川研究員が優秀講演者賞を受賞!

吉川研究員が優秀講演者賞を受賞!

ニュース

2011年12月9日

吉川研究員が土木学会平成23年度全国大会第66回年次学術講演会において優秀講演者賞を受賞(11月10日付け)しました!

大会日程:平成23年9月7日(水)・8日(木)・9日(金)
会場:愛媛大学
発表題目:河川水面に存在する氷板が塩水遡上速度に与える影響
発表概要:
 本研究は,十分には解明されていない河川結氷時の塩水遡上現象を明らかにするために,実験水路の水面に模型氷板を設置し,淡水と塩水が流れる塩水遡上実験を行ったものです.今回の実験結果から,以下の定性的な知見が得られました.
・河川水面に存在する氷板の粗度の影響により,鉛直中央の淡水の流速が速くなる.
・淡水の下層流速が速くなり,塩水が受ける抵抗は大きくなるため,塩水遡上速度は遅くなる.
 つまり,河川結氷時は,開水時と比べて,塩水遡上速度が遅くなることが推察されます.

DSCN4071s.jpg