国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » 寒地河川NEWS  » ニュース  » IAHR International Symposium on iceにおいて研究員が発表しました

IAHR International Symposium on iceにおいて研究員が発表しました

ニュース

2010年6月17日

20th IAHR International Symposium on ice 2010がヘルシンキで開催されました。
6月14日から17日の日程です。

寒地河川チームの吉川が発表しました。

タイトル:Influence factor given to an observation discharge and development of a discharge formula for ice covered river
(邦訳:河川結氷時の観測流量影響要因と新たな流量推定手法)
発表者:○吉川泰弘、渡邊康玄(北見工大)、早川博(北見工大)、平井康幸

100617yoshikawa.jpg

吉川研究員による口頭発表

詳細はシンポジウムのサイトをご覧下さい。
http://www.gastro.physics.helsinki.fi/IAHR2010/IAHR2010_2.html