国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » 寒地河川NEWS  » ニュース  » 河川技術に関するシンポジウムにおいて研究員が発表します

河川技術に関するシンポジウムにおいて研究員が発表します

ニュース

2010年6月3日

2010年度河川技術に関するシンポジウムが東京で開催されます。
6月3日から4日の日程です。

寒地河川チームからは永多・島田・吉川の3名が発表します。

タイトル:模型実験による氾濫域を含む越流破堤メカニズム検討
発表者:○伊藤幸義(建設技研)、島田友典、横山洋(水環境保全チーム)、坂野章(河川・ダム水理チーム)、茂木映治(建設技研)

タイトル:2Way河道の自律的な維持を可能にする適切な流量配分比推定手法の提案
発表者:○永多朋紀、安田浩保(新潟大)、渡邊康玄(北見工大)

タイトル:寒地河川における河氷変動と水位変化に関する研究
発表者:○吉川泰弘、渡邊康玄(北見工大)、早川博(北見工大)、平井康幸

タイトル:結氷河川におけるSWIPを用いた河氷の晶氷厚の測定
発表者:○橋場雅弘(福田水文センター)、吉川泰弘、渡邊康玄(北見工大)

詳細は土木学会水工学委員会河川部会のサイトをご覧下さい。
http://committees.jsce.or.jp/hydraulic01/